石川の農畜産物

石川の農産物マップ

農産物名をクリックすると旬の情報がご覧いただけます。

石川旬のみのりカレンダー

石川の農作物の出荷時期と、旬の時期をご紹介。(※白=出荷時期、赤=旬の時期)

  • トマト

     ハウス内で栽培されているため、甘みが強く酸味もあり品質も高い。
     
    [おもな産地]
    JA小松市、金沢市、松任 ほか

  • ミニトマト

     ハウス内で栽培されているため、甘みが強くフルーティな味が特徴。
     
    [おもな産地]
    JAおおぞら、町野町、はくい ほか

  • きゅうり

     地元中心の出荷。スーパーをはじめ、業務用に漬物屋へも出荷している。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、松任、小松市 ほか

  • 加賀太きゅうり

     加賀野菜のひとつ、普通のキュウリの約3倍の太さで、食べ方は生食や煮物にも最適。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市

  • なす

     一般的な中なすに、長なすや加賀野菜の「へた紫なす」などパラエティー豊富。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、志賀、白山 ほか

  • 南瓜

     加賀で「粉質系南瓜」、能登で「えびす南瓜」の栽培が盛ん。完熟で甘みも強い。
     
    [おもな産地]
    JAすずし、おおぞら、加賀 ほか

  • 小菊南瓜

     果形は菊花に似ており、果皮は濃緑色、果肉は濃黄色と和食に適した南瓜です。
     
    [おもな産地]
    JA能登わかば、石川かほく

  • 打木赤皮甘栗南瓜

     加賀野菜のひとつ、果皮・果肉ともに鮮やかなオレンジ色で、強い甘みが特徴。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市

  •  インゲンをメインにそら豆・スナップエンドウや、加賀野菜の「千石豆」など。
     
    [おもな産地]
    JA小松市、内浦町、すずし ほか

  • ブロッコリー

     鮮度が低下しやすいため、氷詰めにして出荷している。採れたての味を食卓へ。
     
    [おもな産地]
    JA加賀、すずし、白山 ほか

  • キャベツ

     春と秋の2回出荷。雪の下で育った春キャベツは甘みがあり人気。
     
    [おもな産地]
    河北潟、JA金沢市、松任 ほか

  • ねぎ

     地元をはじめ、関西地区へも出荷している。鍋料理との相性が良い。
     
    [おもな産地]
    JA能登わかば、小松市、はくい ほか

  • 小松菜

     ハウス栽培で一年中出荷が可能。ピークは4~5月と10~11月。
     
    [おもな産地]
    河北潟、JAすずし、町野町 ほか

  • ホウレンソウ

     中山間地区の高冷地で栽培し、品質の高さが自慢です。
     
    [おもな産地]
    JA町野町、金沢市、白山 ほか

  • チンゲンサイ

     ハウス栽培で一年中出荷をしている。学校給食や業務用にも対応している。
     
    [おもな産地]
    JAはくい、金沢市 ほか

  • 金時草

     鮮やかな赤紫色と、ヌメリのある食感が特徴の加賀野菜。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、白山

  • 大根

     主に砂丘地で栽培、特に10月期は関西市場でトップブランドとして位置付け。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、はくい、石川かほく ほか

  • 源助大根

     加賀野菜のひとつ、おでんに最適で、煮崩れしにくく、肉質が柔らかい。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市

  • にんじん

     にんじん特有のにおいも少なく、カロチンも豊富。厳寒期の収穫により甘みが強い。
     
    [おもな産地]
    JA小松市、加賀、松任ほか

  • かぶ

     ハウス栽培での「こかぶ」が多い。かぶら寿し用の「青かぶ」の栽培も盛ん。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、能登わかば、はくい ほか

  • 丸いも

     山の芋のひとつ。形状は丸い球状で、摩りおろすと非常に強い粘りが特徴。
     
    [おもな産地]
    JA能美、小松市、根上 ほか

  • ジャガイモ

     能登の赤土地帯で主に栽培され、「能登赤土馬鈴薯」として人気が高い。
     
    [おもな産地]
    JAすずし、おおぞら、志賀 ほか

  • 加賀れんこん

     でんぷん質の多い、もっちりした食感は全国的にも有名な加賀野菜。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市

  • さつまいも

     地区によって「五郎島金時」「大徳金時」「かほっくり」等の呼び名がある
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、金沢中央、石川かほく ほか

  • 生しいたけ

     菌床栽培がメインだが、原木しいたけも通年で出荷している。
     
    [おもな産地]
    JA加賀、おおぞら、石川かほく ほか

  • なめこ

     地元出荷が中心。鮮度が良くなめこ本来の風味が味わえる。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、石川かほく、白山 ほか

  • 乾しいたけ

     肉厚で芳醇な香が特徴。もどし汁は煮物に最適。
     
    [おもな産地]
    JAおおぞら、町野町、すずし ほか

  • たけのこ

     石川県はタケノコ大規模産地の北限。雪の下で育ったタケノコは、柔らかく美味。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、小松市、白山 ほか

  • わらび

     一部、栽培物もあるがほとんどは天然の山取り品。
     
    [おもな産地]
    JAおおぞら ほか

  • やまぶき(野ぶき)

     能登を代表する山菜。関西地区にも出荷され、人気が高い。
     
    [おもな産地]
    JAおおぞら ほか

  • すいか

     石川の夏を代表するくだもの。瑞々しくシャリッとした歯触りと甘みが特徴。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、はくい、志賀 ほか

  • 小玉すいか

     水はけが良い砂丘栽培中心。大玉すいかに似た食味・食感が人気。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、河北潟、志賀 ほか

  • ぶどう

     小粒の「デラウェア」が中心、糖度が高く、濃厚でスッキリした甘みが特徴。
     
    [おもな産地]
    JA石川かほく、はくい、金沢市 ほか

  •  石川の初秋を代表するくだもの。品種は「新水」「幸水」「豊水」「あきづき」が中心。
     
    [おもな産地]
    JA加賀、金沢市、松任 ほか

  • 柿(紋平柿)

     羽咋から金沢にかけて散在する石川県原産の柿で、舌触りが滑らかで甘い。
     
    [おもな産地]
    JA石川かほく ほか

  • ころ柿

     「最勝」という石川県産オリジナル品種の柿。中能登地域特産の干し柿。
     
    [おもな産地]
    JA志賀、能登わかば ほか

  • アールスメロン

     1株に1果の栽培。柔らかい果肉とたっぷりの果汁、上品な甘さが特徴。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、金沢中央、松任 ほか

  • いちじく

     主な栽培品種は「桝井ドーフィン」。生食用のほかジャム等の加工にも合う。
     
    [おもな産地]
    JAはくい、能美、おおぞら ほか

  • りんご

     つがる・フジ等の品種の他、石川県産オリジナル品種「秋星」の人気が高い。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、すずし ほか

  •  出荷量は少ないものの、金沢のお盆にかかせない一品。品種「白鳳」中心。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市 ほか

  •  県内で最も多く栽培される「石川1号」。中玉品種で紅の仕上がりがキレイ。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、すずし ほか

  •  奥能登地域を中心に栽培。大粒が多く、品種は「丹沢」「伊吹」「筑波」。
     
    [おもな産地]
    JAおおぞら、町野町、すずし ほか

  •  お盆をピークに初夏から晩秋まで出荷。古くからの産地で高い技術力を誇る。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、加賀、はくい ほか

  • ストック

     北陸の冷涼な気候が、品質の高いストック生産に合っています。
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、小松市、石川かほく ほか

  • 葉ボタン

     晩秋の冷え込みで発色がとても良く、全国的にもトップレベルの品質
     
    [おもな産地]
    JA金沢市、小松市、加賀 ほか

  • 枝物

     サンゴミズキ・ニュウサイラン・金銀ペイント加工品は全国ベスト3の生産量。
     
    [おもな産地]
    JAはくい、金沢市

  • その他花

     トルコキキョウ・ケイトウ・フリージア・ヒマワリなど、多種品目に取り組む。
     
    [おもな産地]
    JA小松市、ののいち、金沢市 ほか

石川ブランド紹介

加賀野菜

  • さつまいも
  • せり
  • 金時草

能登牛

能登牛とは

 石川県内の肉用牛関係団体で構成した「能登牛銘柄化推進協議会」が、県内で飼育されている黒毛和種(毛色が一面 に黒または、こげ茶色)の肉牛の中で、全国同一の基準で格付けされた肉質、肉色などの優れたものを「能登牛(のとうし)」という名称で販売することにいたしました。

能登牛

能登牛の由来

 能登には古くから農耕、運搬、製塩などの仕事に使う、日本在来種の牛が飼われていました。
 これらの生産地に、大正・昭和の時代に入り改良された黒毛和種を鳥取県、兵庫県から導入して改良を進め、さらに但馬系の雄牛を交配して、資質に優れた現在の牛肉をつくりあげました。

能登牛の味は

 能登の美しい自然とやさしい風土の中で、肉質のキメが細かく美味しい肉を出す為に丹精込めて育てられた牛肉です。

能登牛の料理法 <部位別>

ページトップへ戻る